"著者の評論家・荻上チキ氏と経済学者・飯田泰之氏は、各都道府県警公安委員会への届出数や風俗マガジン、ウェブサイトなどの情報を比べ合わせて、おおよその実数を導き出す。その結果──

推計可動店舗数=約1万店舗
1店舗あたりの推計在籍人数=29人前後
すなわち日本のフーゾク嬢の数=1万店×約30人=約30万人。
(本書データより)

というわけで、日本人1億2670万人のうち、約420人に1人がフーゾク嬢……いやいや、それは早計というもの。「フーゾク嬢」は基本的には「女性」であり、当然、成人女性である。毎年デビューするフーゾク嬢と引退するフーゾク嬢を差し引きした数には大きな変動はなく、概ね30万人が常時就労していると仮定すると、就労期間(年数)分の女性の数に対して、何人のフーゾク嬢が存在するのかを計算することで、実際の割合が見えてくるはず。
フーゾク嬢の平均就労年数が8.8年。女性の1学年あたりの人数を元に計算すると……、

平均就労年数=8.8年
1学年あたりの女性人数=約70万人
フーゾク嬢の数=30万人
8.8年×70万人÷30万人=20.5333333
(本書データより)


なんと──成人女性の20人に1人がフーゾク経験者という計算になるのだ。

そんな30万人のフーゾク嬢が動かす市場規模もまた凄い。

平均的フーゾク嬢の1日の仕事量=70分16000円×3~4本
平均的な1日の稼ぎ=3.5万円
平均月収=約49万円
平均年収=約600万円
30万人×600万円=1.8兆円

店の取り分が50%だと仮定すると1.8兆円の倍──3.6兆円がフーゾクの市場規模となるのだ。東京都の平成25年度の一般会計予算が6.2兆強だと考えると、その約半分の規模のお金がフーゾク業界で渦巻いていることになる。

日本人男性が約5000万人とすると、年間1人平均7.2万円をフーゾクに使っている計算となり、フーゾクに「行く人」を総数の20%とすると、平均36万円程度が費やされていることになる。"

日本の風俗嬢は一体何人?―夜の経済学を学んでみた | ニコニコニュース (via igi)

(via otsune)

10 months ago

(Source: , via pantira)

10 months ago
tattooculturemagazine:

Tattoo by Johan Finné. @eviltwinsjohan #johanfinne #tattooculturemagazine #tcm #followtcm #tattooartistmagazine #tam #followtam #tattoo #tattoos #tattooed #ink #art ••• This account is managed by @nicki_tam. Please send submissions to nicki@ tattooartistmagazine.com.

tattooculturemagazine:

Tattoo by Johan Finné. @eviltwinsjohan #johanfinne #tattooculturemagazine #tcm #followtcm #tattooartistmagazine #tam #followtam #tattoo #tattoos #tattooed #ink #art ••• This account is managed by @nicki_tam. Please send submissions to nicki@ tattooartistmagazine.com.

10 months ago
tattooculturemagazine:

Matt Arriola
Liberty Tattoo Seattle

tattooculturemagazine:

Matt Arriola

Liberty Tattoo Seattle

1 year ago
altporn:

☆

altporn:

(Source: fuckmaker, via sexnotsex)

1 year ago

(Source: raenman, via do-nothing)

1 year ago





Created by TheMusician